\ 中国地方にお住まいの方 /

毎月!オンライン講演会

7カ国語で話そう。

Multilingul Activity&story

様々な世代・性別・立場のヒッポメンバーが

「ヒッポの多言語活動」を通じて体験した

「自然習得」

「ことばを話す、ということ(コミュニケーション)」

「子育て」

「自分の成長」

をお伝えする講演会です。

 

  • 英語や外国語に関心のある方
  • 英語や外国語が話せるようになりたい方
  • どんな英語教育がいいか?とお考えの方

どんな人も、何歳からでも体験できる

楽しい「ことば」の世界をお伝えします!

講演スケジュール

全て参加無料/オンライン

申込締め切り前日16:00まで

2021.5.16.sun
10:00-12:00 / online

3世代で楽しむ!
60歳から始めました。
年は言い訳にできません!

佐藤 まなつ
渡辺 妙子

(北海道札幌市在住)

佐藤まなつ写真

佐藤まなつ:ヒッポ創立時から参加。家族でヒッポの多言語活動を楽しんでおり、ベス トセラーになつた『人麻呂の暗号』や『額田王の暗号』の共同著作者でもある。ヒッポファミリークラブの多言語の環境の中で子育てをしてきて、子どもはもちろん、大人の自分自身も新 しいことばの習得の可能性に満ちていることを実感している。赤ちゃんが母語を習得するのと同じ道筋で、環境さえあれば誰でも、さまざまなことばが話せるようになることを体験を通してお話しします。

 

渡辺妙子写真

渡辺妙子:子育てもそろそろ終わり、海外旅行にあこがれ、英会話スクールへ。 数か月たち、今までにどんなことを身につけられたかと振り返ったら、すっと口から出てくる英語がほとんど無い事に 気が付きもう記憶力が衰えたから語学は無理かなと諦めていた。ある日ヒッポのチラシを手にした。そこには母語は誰でも例外なくいつの間にかしゃべれていることに学んで自然で楽ちんな、しかも楽しい方法で話せるようになるとあった。そこで小学生が韓国語で話し、大人も英語だけでなく色々な国の言葉で話していて驚いた。ヒッポに参加して20年経ち、今は子どもも大人も多言語の環境があり仲間がいれば何語でも話せるようになることを実感しています。娘や孫も一緒に出来るし、世界に友達がたくさん出来、交流がずっと続いています。ヒッポに出会って人生が豊かになりました。

 

申込締め切り前日16:00まで

2021.6.27.sun
10:00-12:00 / online

村田さん写真

言語交流研究所 中部事務所長。宮崎県出身。言語交流研究所のミニカレッジTCLで研究活動に参加、その後同研究所のスタッフとなる。現在ヒッポファミリークラブで、ホームステイ、留学、地域での多言語活動の普及に従事している。 「誰でも多言語の多様な音にふれることで、ことばや人に対する感覚が大きく変わることが非常に興味深く、講演ではどんな人にも開かれた心を育む多言語コミュニケーションの楽しさについて、研究所の実績と自身の体験も交えてお話します。

申込締め切り前日16:00まで

量子力学の研究活動から
「多言語の自然習得」へ。
「初めてでもわかる、ことばの習得」

村田 幹雄

(愛知県名古屋市在住)

2021.7.25.sun
10:00-12:00 / online

子育て真っ最中のママ!
子どもとできる、外国語が自然と身につく環境とは?

青田 直子

(兵庫県明石市在住)

青田さん写真

4年前、明石市でヒッポの多言語活動に出会いました。子育てをしながらでも、外国に行かなくても、多言語、多文化、そしてたくさんの仲間を感じながら、毎日、記憶できないほど色んなオドロキや発見や感動をしながら過ごしています。夫とこどもたち(2.4.6歳)そして多世代の仲間と、多言語を楽しんでいる日常。ペンもノートも先生もいない中で、複数のことばを自然に獲得していく面白さ、楽しさを、自分の体験からお伝えしたいと思います。

申込締め切り前日16:00まで

2021.8.22.sun
14:00-16:00 / online

古賀祐子

福岡で大学生、高校生の娘2人と一緒に活動しています。長女を妊娠中に ヒッポの多言語活動に 出会い、時々旦那も巻き込みながら楽しんでいます。 一昨年ロシアへ単独で1ヶ月の大冒険、語学学校の 日本語クラスでインターンをしてきました。 ヒッポとの出会いは、初めて参加した日の講演会で『環境さ えあれば どんなことばも話せるようになる!』と聞き、生まれてくる赤ちゃんと一緒に0から実験をしよう! と思いスタート。 ヒッポで国内外問わず本当にたくさんの人たちと出会い、ことばも人間性も 自然に豊か に育ててもらいました。多言語の日常でいつも知らないことに ワクワクし、新しいことに挑戦し続けられる この環境をぜひ体験してほしいと思っています。

古賀南美

高校2年生、現在フランスに留学中、6月に帰国予定。 フランスでの留学体験、ことばの自然獲得のこと 一年間の成長をたっぷり話します!

申込締め切り前日16:00まで

親子で話せるようになった!
高校生の娘と私の留学体験談

古賀 裕子
古賀 南美

(福岡県福岡市在住)

2021.9.25.sun
14:00-16:00 / online

グローバルな息子に育った!
私が実践してきた環境づくり。

加藤 裕子

(愛知県名古屋市在住)

28年前、長男が3歳の時にこの多言語活動に出会い家族4人で参加。家族でいろんな国のゲストをホームステイで積極的に受け入れたり、海外へ出かける交流プログラムにも多数参加。社会人になった息子たちを振り返ると 多言語、多世代、多文化のヒッポの環境からたくさんの大切なことを体験として学んだのではないかと思う。子供の巣立ちを見送った今、交流や日常の多言語活動を通してできた国内外の友達とのつながりを夫婦で共有し楽しんでいます。

申込締め切り前日16:00まで

2021.10.24.sun
14:00-16:00 / online

24年前に、主人と当時4歳、2歳、0歳の3人の子どもと、家族で一緒に参加できる多言語活動を始めました。転居先の神奈川・徳島・埼玉・新潟で活動に参加し続けて、国や人種の壁を越えてたくさんの『人とことば』に出会ってきました。誰とでもコミュニケーションできる力(ちから)が、家族と共にこの活動を通して育ってきたと実感しています。ことばを話す楽しさや面白さ、そして子どもにも大人にも『誰でも自然に多言語を話せるようになるんだ!』ということを感じていただきたいです。現在新潟市でヒッポファミリークラブの活動を主宰している。

申込締め切り前日16:00まで

誰でも自然に多言語が話せるようになる、環境づくり。

野口 和子

(新潟県新潟市在住)

2021.11.23.tue
10:00-12:00 / online

フランスから帰国して考えた、グローバルな環境づくり

林 裕子

(大阪府在住)

7歳、5歳、3か月の子ども達と多言語活動を楽しんでします。5年前、子ども達には、グローバルな視点とコミュニケーション力を身につけて大きくなってほしいと考えているときにヒッポに出会いました。私も子ども達と楽しんでいるうちに、多言語や普段の振る舞いに成長を感じられるようになりました。ヒッポを始めて2年目、主人の仕事の都合で家族でフランスへ1年間移住することになりました。そこでの生活は、言葉や人種の壁を越え、人と比べない自分流の楽しみ方、人と人をつなぐ絆、豊かな感性などを築くことができました。この体験が、「本当の豊かさとは何なのか」を考える良い機会になりました。日本へ帰国した今、私が考えている『豊かな環境』について、皆様と一緒に考えていきたいと思います。

申込締め切り前日16:00まで

2021.12.19.sun
10:00-12:00 / online

20数年前、長男が2歳になる頃、家族3人でヒッポファミリークラブの活動に参加し始めました。やっと授かった我が子に少しでもより良い人生を、そこで頭に浮かんだ「せめて、英語を」。今思えば、英語が話せればいい人生なの?と笑ってしまいますが。そんな中で始めた「多言語活動」は、続けていくうちに大きな考え方の変化を私たちにもたらしてくれました。子どもも言葉も「育てる」のではなく環境の中で「育つ」のです。では、子どもも言葉も育つ環境って?そんなお話ができればと思っています。

申込締め切り前日16:00まで

英語はもちろん多言語が話せる 環境とは。

沖守 由佳

(大阪府在住)

お申し込みフォーム

join us

ヒッポファミリークラブ西日本

西日本事務所:広島県広島市西区高須2-2-19
九州事務所:福岡県福岡市中央区舞鶴1-9-3-305

 0120-557-761

 info@hfcw.jp